フリーランス初心者にオススメ求人!中国の「早道日本語ネットスクール」で日本語教師の経験を積もう

こんにちは。SenSeeライターの きなこです☺

2020年にオンラインデビューし、最初は毎日パニックでしたが・・・、

今は全力でオンラインを楽しんでいるオンライン日本語教師です!

日本語教育業界は新型コロナウイルスの影響で大きく揺れましたが、

反面、時代遅れと言われ続けた日本語教師の「働き方」が、前進するきっかけになったのではないでしょうか。

今回は、オンラインもマンツーマン指導も初心者の私が、

中国のネットスクールで「フリーランス日本語教師」をしてみた体験をお話します。

みなさまのオンラインデビューや、日本語教師としての新しい一歩につながれば嬉しいです ^▽^

目次

1. ここがオススメ! 初心者OK オンラインフリーランス向きの「早道日本語ネットスクール」の求人とは

私が2021年から働いている「早道日本語ネットスクール」(以下、早道)は、

中国のオンライン語学学校です。

自社のシステムとパワーポイント教材を使い、中国人の生徒に日本語を教えています。

日本人講師が担当するのは「1対1 会話コース」で、中国語はペラペラな先生もいらっしゃいますが、全くゼロの先生もいます。

日本語の会話コースなので、基本的にはオール日本語で話します。

その日の新出語彙や文法解説は、教材に中国語訳が添えてあるので安心です^^

1-1. 教材完備! 働きやすさ重視の人にオススメ!

早道では、全ての授業にパワーポイント教材が準備されています。

自分で1から作る必要なし!

教材準備に費やす時間も授業に入れる分、コマを増やして稼げます♪

勤務時間は、完全自己申告制。

講師はシステム上で 朝8時~翌1時のうち、授業に入れる時間(45分単位)にチェックを入れておき、予約が入ったら授業に入ります。

予約枠を開けていたけど、予定が入った。というときは枠を閉じればOK。

完全自己申告制なので、無理なく空き時間に働くことができます◎

初級~上級まで幅広い生徒が在籍していますが、講師はレベルを指定できません。予約が入った授業を担当します。

目的も趣味、留学、ビジネスなど・・様々です。

ちょっと上級は自信が無い、という方も決まった教材が準備されているので、

授業までに準備ができるので安心です ^^

1-2. わかりやすい契約&日本語サポートで安心

Wechat Work (中国版のLINEのようなアプリ)で、日本語対応可のスタッフにいつでもサポートを求められます。

授業中のシステムエラーも、日本語ができる技術スタッフが即対応してくれるので安心!

生徒の声が聞こえない、フリーズした等、すぐに駆けつけてくれます。

緊急時に日本語で対応してもらえるのは、最高のポイントです!

契約や説明も日本語可のスタッフがいるので、いつでも質問できます。

もちろん契約書や給与明細も、全て日本語でもらえます。

1-3. 充実した講師研修制度

  • 定期的に教材の使い方・教え方についての講師研修があります。
  • 新しい教材が入る際にも、必ず研修があるので安心です。

また、Wechat Workで全員繋がっているので、わからないことがあればいつでも気軽に質問できます。

中国語が全くできない人のために、不定期で中国語講座なども開かれています。

オンラインですが、講師間の横のつながりがあるのは嬉しいポイントですよね!

2.「早道日本語ネットスクール」でオンラインフリーランス初心者が日本語教師になるまで

ここからは、実際の応募~勤務開始について詳しくお話していきます。

私は応募してから、1週間で初授業デビューしました。(とにかく対応が早い!)

2-1. 応募:早道で日本語教師になれる人

基本的な条件は、日本語学校と同じです。(2022年10月現在で)

  • ①日本語が母語であること
  • ②オンライン授業ができる環境
  • ③四大卒以上(見込み可)

その他、日本語教師の集いのサイト等でも、定期的に募集が出ているのでチェックしてみてください。

2-2. 面接~研修期間:模擬授業のポイントとは?

合格までは書類審査と、オンライン模擬授業が2回。

合格後は研修期間(=規定コマ数に達するまで試用期間)としてスタートします。

面接や模擬授業も全て日本語でOKです。

模擬授業も、わかりやすい進め方のガイドがあるので、その通りに行えば心配ありません。

実際の授業を、本物の教材(パワーポイント)で出来そうか確認する、という感じ。

実際の授業のように、文法の使い方を練習したり、生徒の発音を直したりすればOKです◎

オンラインなので、聞き取りやすく話すことには気をつけてください!

研修期間は専任のサポートスタッフ(日本語可) がいるので、何でも相談できます。

2-3. 正式採用後:予約を獲得するには?!

ポイントはリピーター、つまり「指名客」を獲得すること!

毎回予約してくれる生徒がいると、自分の実力が積み上がっていくのを実感してモチベーションに繋がりますし、収入面も安定します。

そのためには、

  • 同曜日/同時間帯に、予約枠を開けておく
  • とにかく生徒に話させる。指摘すべきところは、きちんと指導。

基本的には大学生~社会人層が多いです。

お金を払って勉強しているのですから、褒めるだけではなく直すべきところはしっかりと指摘します。

できたことは褒めて成功体験としてインプットします。

逆に、弱点は明確に指摘することで、短いレッスン時間をより満足感の高い時間にできます。

また、毎週決まった時間に受けたい方が多いので、予約枠を空ける時間もポイントです。

学生が多いので、夜の時間帯は比較的予約が埋まりやすいです。

また、週明けよりも週末に向かって予約数が増えていくことが多いと思います。

3.「早道日本語ネットスクール」でオンラインフリーランス日本語教師経験してみた。

私が実際に働いてみて感じた最大の2つのメリットは、

  • ①教材作成がいらないこと
  • ②プロモーションがいらないこと

よくあるフリーランス向けのオンラインレッスン実施サイトでは、

自分でプロフィールを組み、宣伝をして、価格設定をして・・・という作業が必要です。

市場を調査したり、自分の売り込み方を考えたりというのは、結構時間的に負担です。

私はメインの仕事が別にあって、隙間時間に早道で働いているので、そういう時間はかけたくない。

早道は、予約枠を開けておいて待つだけなので、とても楽です♪

隙間時間を埋めるはずが、今はとても楽しくて、ほぼ毎日授業を入れています!

続けていると、リピートしてくれる生徒が増えました。

今は学習者個人の会話能力が積み上がっていくのを感じています。

オンラインですが、生徒との信頼関係ができていくのを実感できて、とてもやりがいを感じています。

また、生徒は学生~社会人まで幅広いので、教師として話の引出し方や指導方法など、とても勉強になります。

1年経った今では、実際に中国で働いてみたいなー、なんて思っています(^^)/

***

今回は、中国の「早道日本語ネットスクール」についてご紹介しました。隙間時間を有効活用したい方や、日本語教師として新しい一歩を踏み出したい方の、お役に立てたら幸いです ^▽^

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる