オンラインレッスンで使える便利なツールって、何?vol.1

皆さん、こんにちは。ライターの荒木です。

コロナ禍によりオンライン元年と言われた2020年、たくさんのツールが生まれ、そして広く使われるようになりました。

例えば「Zoom」を使ってオンラインレッスンをするとき、皆さんはどのようにしていますか?
※「Zoom」とは、Web会議用のアプリケーションです。

おそらく多くの方が「画面共有」をしながら、パワーポイントなどを使ってレッスンをしているのではないでしょうか。

実は、パワーポイント以外にも使えるツールがたくさん存在します。

そこで今回からは、私がオンラインレッスンで実際に使っているツールをいくつかご紹介します。

目次

明日から使えるレッスンで役立つツールの紹介

⚪︎Jam board

①Jam boardって?

「Jam board」とは、Googleが製作した電子ホワイトボード機能を持つクラウドアプリケーションです。

簡単に言うと、Googleのアカウントさえあれば、どこでも使えるホワイトボードです。パソコンやタブレット、スマートフォンなどの様々な端末で使えるので、とても便利です。

②Jam boardって、どうやって使うの?

「Jam board」を使うためには、Googleのアカウントを取得しなければなりません。ですから、まだ取得していない方はGoogleのアカウントを作ってください。

次に、Googleアプリのなかから「Jam board」を選んでください。

「Jam board」をクリックしたら、新規作成ができるようになります。

ここからは、パソコン版やスマートフォン版でできること・タブレット版でできることにわけてお伝えします。

⑴パソコン版・スマートフォン版の場合

「Jam board」のホワイトボード機能や付せん機能、Google画像検索機能などが使えます。

このように付せんを貼り付けて、線を書いたり、レーザーポインターで指し示したりすることができます。

ただし、デメリットとして文字を書くのが大変です。綺麗な字で板書できるようにするには、練習あるのみかと思います。

⑵タブレット版(ペンシルあり)の場合

もし、タブレット+ペンシルがあるなら、上記の文字の問題がすぐに解決します。

さらに絵があまり上手でない人に、オススメの機能があります。

それは「便利な描画ツール」のなかにある「Auto Draw」機能です。

このツールは、手書きで描いた絵を自動で修正してくれるというものです。

絵が下手なわたしにとって、この機能はとてもありがたいです。

タブレット+ペンシルをお持ちの方は、一度使ってみてください。

⚪︎Flippity

①Flippityって?

「Flippity」は、Googleのスプレッドシートで作るゲーム感覚の教材です。マッチングゲームやフラッシュカードなどを作ることができます。そのため、オンラインでも楽しみながら学習できます。

②Flippityって、どうやって使うの?

ここからは「Flippity」の使い方について、お伝えします。

「Flippity」を使うためには、「Jam board」と同様にGoogleのアカウントを取得しなければなりません。アカウントがない方は、最初に作ってください。

次に、https://www.flippity.net にアクセスします。

アクセスすると、下記のような画面が表示されます。

このなかから、使いたいと思うものを選択してください。

現在、わたしが最も使用しているのは「Matching Game」なので、今回はこちらの使い方をお伝えします。

まず、「template(テンプレート)」を選択し、「make a copy(コピーを作成)」します。

コピーを作成すると、下記のような画面が表示されます。

下部のタブが「Matcing game」になっていることを確認したら、そこに表示されている文字を全て消去し、自身で新規作成します。

今回は、ひらがなのマッチングにしてみます。

ここで注意してほしいことが、1点あります。

それはカードの枚数です。枚数はあまり増やしすぎないほうがいいです。数が多いとマッチングまでに時間がかかり、学習者のやる気がなくなってしまいます。どんなに多くても、20枚までにしてください。

入力が終わったら「File(ファイル)」タブから、「Publish to the web(ウェブに公開)」をクリックします。そして「Publish(公開)」を押します。

また、リンクも念のためにコピーしておきます。

下部にあるタブ「Matching game」から、「Get the link here」に移動し、リンクをクリックします。クリックすると別ウィンドウにて、自身の作ったものが展開されます。ここできちんと表示されていれば、完成です。

実際にどう使ってるの?

ここからは、わたしが実際にどう使っているかをお話しします。

まず、「Jam board」「Flippity」ともに、レッスンの前に学習者にリンクをシェアしておきます。これをすると、学習者も編集できるようになります。

もし前回、【家族の言葉】を学習していれば「Flippity」の「Matching game」で【家族の言葉】の復習から始めます。リンクをシェアすることで、学習者が自らカードを選べるようになるので、楽しみながら復習できます。

復習後は「Jam board」を使って、レッスンをします。レッスンでは、学習者に付せんを動かしてもらったり、付せんを作ってもらったりして、学習者にもレッスン内で活動してもらいます。

このように、双方向でレッスンを行うことができるので、学習者の理解度を認識しやすくなります。これがこの2つのツールの最大のメリットだと思います。

もちろん「Jam board」「Flippity」以外にも使えるツールがたくさんあります。

それは次回以降にご紹介します。

いかがでしたか?

オンラインレッスンならではツールを活かして、楽しいオンラインレッスンをしてみてください。

次回もお楽しみに。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

荒木 香奈恵のアバター 荒木 香奈恵 試したがりの日本語教師

1989年千葉県生まれ。日本語教師2年目。日本語学校とオンライン日本語教師の掛け持ち勤務中。東京女子大学卒業(副専攻として日本語教員養成課程修了)。
卒業とともに関西へ引っ越し、一般企業に就職。2017年4月より、働きながら某スクールにて420時間を受講→修了。2018年7月から日本語教師(非常勤)。1年目は、2校掛け持ちで週4勤務。2年目からは、別の日本語学校に就職し、週2勤務。
2020年7月より、オンライン講師デビュー。現在、オンライン語学プラットフォームに3つ登録。日によっては、1日に6コマ教えることも。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる