オンラインレッスンで使える便利なツールって、何? vol.3(イラストサイト編)

皆さん、こんにちは。ライターの荒木です。

おかげさまで「オンラインレッスンで使える便利なツールって、何?」シリーズもvol.3を迎えることができました。vol1.vol2とご覧くださった方、ありがとうございます。

まだ見ていないという方は、別記事「オンラインレッスンで使える便利なツールって、何?vol.1」と「オンラインレッスンで使える便利なツールって、何?vol.2」もあわせてご覧ください。

ところで、皆さんは「イラストサイト」をいくつ知っていますか?

おそらく多くの日本語教師の方にとって、イラストは欠かせない存在なのではないでしょうか。

例えば、導入などで使ったことがある方は多いと思います。私も初級の導入時には、必ずイラストを使っています。

でも、イラストを探すのって、結構大変ですよね?

そこで今回は、私が実際に使用しているイラストサイトをいくつかご紹介します。

目次

オンラインレッスンで役立つイラストサイトって?

・いらすとや

「いらすとや」は、フリーイラストサイトの1つです。

2012年にスタートしたばかりですが、今や日本で最も有名なイラストサイトかもしれません。ジャンルを問わず、たくさんのイラストがあります。

また、日本生まれのサイトなので、日本関連のイラストも多く存在します。

さらに「いらすとや」は、さまざまな企業やモノとコラボレーションしています。

過去には、人気アニメ「ONE PIECE」とコラボレーションしたこともあります。

イラストを探すときは、まず「いらすとや」から見てみるのもオススメです。

・イラストAC

「イラストAC」もフリーイラストサイトの1つです。会員登録は必要ですが、無料でイラストが使えます。

試しに「暑い」で検索してみると、7846件(2021年4月時点)と表示されました。この数字からもわかるように、イラストの数が非常に多いサイトです。

「イラストAC」は「いらすとや」と違い、たくさんのイラストレーターの方が在籍しています。そのため、いろいろなタッチのイラストを見つけることができます。

・イラストレイン/イラストくん

「いらすとや」や「イラストAC」に比べると、認知度は低いかもしれません。

「イラストレイン」は探したいカテゴリが明確なときにオススメです。細かく分けられたカテゴリ一覧から探すことができるので、とても便利です。

かわいらしいイラストがたくさんあるので、キッズレッスンなどにもいいと思います。

「イラストくん」も「イラストレイン」同様、カテゴリ別で検索しやすいです。

この「イラストくん」は、リアリティがある、且つニッチなイラストが多く、語彙導入したいときに特に役立っています。他のイラストサイトでは見つけられないイラストもあるので、イラストを探していくのもとても楽しいです。

イラストくん
イラストくん
イラストくんゆるくてかわいい無料イラスト素材サイト

Googleユーザーにおすすめ「Flaticon」

次に紹介するのは、イラストではなく「絵文字」のウェブサイトです。特にGoogleユーザーの方、入れておいて損はありません。

日本の文化の1つである「絵文字」は、今や世界で「emoji」と呼ばれるようになりました。

この「Flaticon」はそんな絵文字を取り揃えたサイトです。

ウェブサイトは英語で作られていますが、使い方は簡単です。

STEP
まず、何らかのGoogleサイトを開きます。(GoogleスライドやGoogleドキュメントなどです)
STEP
次に、アドオンタブから「アドオンを取得」を選びます。
STEP
それから「Flaticon」を探し、インストールします。これで完了です。

「Flaticon」を使いたいときは、「アドオン」タブから、「Flaticon」を選択します。

絵文字を探すときは、英語で検索してください。きっとたくさんの絵文字が見つかると思います。

GIF希望の方におすすめ「GIFMAGAZINE」

イラストだけだと物足りないと感じている方には、「GIFMAGAZINE」がオススメです。

GIFを簡単にいうと、数秒程度のアニメーション、つまり動く画像です。

ただし著作権の関係で、私がレッスンで使用することはありません。

学生の自学自習のために、このサイトを伝えています。

「GIFMAGAZINE」には、さまざまなコンテンツのGIFがありますが、最近は特にアニメやマンガ関連のGIFが増えてきたように感じます。

そのため、アニメやマンガが好きな学習者からの反応がとてもいいです。

「GIFMAGAZINE」は、最新作などもどんどん更新されていくので、私自身学習者から紹介されることもしばしばです。

それぞれの使い分けと使用例って?

正直に言うと、あまり使い分けを意識したことがありません。

大切なのは、学習者が混乱しないイラストを選ぶことだと思っているからです。

そのため、どのイラストサイトも満遍なく使っています。

いろいろなイラストサイトを見るのは大変ですが、学習者のことを考えながら探すのはおもしろいですよ。

ここからは気になる使用例について、いくつかお見せします。

まずは「いらすとや」をメインで使ったスライドです。

シンプルなイラストで、簡単に導入やアイスブレーキングなどができます。

こちらは「Flaticon」をメインで使ったスライドです。絵が多いと、華やかな印象になりますね。

ときどき、自身を模したキャラクターを入れたりしています。

こちらの紹介は、また別の機会に。

いかがでしたか?

今回は私が使っているイラストサイトをご紹介しました。

イラストサイトは他にもたくさんあるので、皆さんのお気に入りをぜひ見つけてみてください。

今回の記事が少しでも皆さんのお役に立てば、うれしいです。

それでは、またお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる